「宝船」発見の主張は眉を上げる

ジョシュ・スミス23 7月 2018
南朝鮮の鬱陵島から1905年に沈没したロシアの戦艦ドミトリ・ドンスコイ(Dmitri Donskoii)であると主張している。 (写真:新日グループ)
南朝鮮の鬱陵島から1905年に沈没したロシアの戦艦ドミトリ・ドンスコイ(Dmitri Donskoii)であると主張している。 (写真:新日グループ)

韓国からの金の「宝物」に1,300億ドルを抱えるロシア軍艦の惨事を発見した韓国の会社の主張は、ソウルの研究者と規制当局からの懐疑的な見方で満たされている。

先月開設された新日本製鐵グループは、1880年代に建設されたロシア軍装甲巡洋艦ドミトリー・ドンスコイ(Dmitrii Donskoi)の惨状を発見し、1905年に日本軍艦と戦って沈没したと発表した。

同社は、この船が150兆ウォン(約1300億ドル)の金を保有しており、来週、その要求を裏付ける証拠を提供すると述べた。船を発見したのは「世界の唯一の存在」だったという。

このリリースには、船の名前を示すようなセクションを含む、難破船の写真やビデオが付随していた。同調査チームには、英国、カナダ、韓国の専門家が含まれていた。



パク・ソンジンの広報担当者は、「金の箱があると信じており、歴史的に証明されている」と述べた。 「箱は非常に緊密に鞭打ちされていて、本当に貴重なものが入っている」

この発表は、政府が運営する韓国海洋科学技術院(KIOST)の声明であるが、韓国のメディアによると、2003年にこの難破船が発見されたと語った。

同研究所はコメントの要請に応えなかったが、ウェブサイトには、2007年の写真が、その一般的な場所の地図とともに、難破船であると書かれていることが示された。

韓国の建設会社も、ロシアの軍艦を初めて発見したと主張しているという。

一部の学者は、船に宝が詰まっているという過去の報告に疑問を投げかけている。韓国の金融監督当局はまた、宝探し事業に投資することを警告した。

新日本グループの朴氏は、KIOSTの主張は「詐欺」であり、金の存在は歴史的記録によって裏付けられていると主張した。

同社は来週の記者会見でボックス内の内容を詳細に明らかにし、難破船を回収するために中国のサルベージ会社と契約する計画だという。

朴氏は、さらに混乱を招いて、新羅グループの名前でウェブサイトを開き、その連絡先情報をグループに所属させていないと述べた。

このウェブサイトでは、新しく発売された「Donskoi International」の暗号化通貨交換機が、この検索エンジンにリンクされていると説明しています。ウェブサイトは、取引所を使用するためにサインアップした誰にでもバーチャル通貨を渡して、ロシアの損害賠償から「利益を共有する」と述べた。それは、他人のサインアップを手伝った人たちに追加のコインを約束した。

朴氏は、「新羅グループの意向は、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の雇用創出努力や北朝鮮との南北開発プロジェクトに、財宝の10%を寄付することだ」と述べた。

水曜日の韓国の金融監督院は、「過熱」投資に警告した。

規制当局は声明の中で、「宝船の回収に関する具体的な事実なしに噂に立たされると、大規模な損失を被る可能性があるため、投資家は慎重を期す必要がある」と述べた。

韓国の海洋漁業省のスポークスマンは、海難の所有権は沿岸警備隊と外務省を含む多くの機関の協議の上決定され、同社の金銭的預金を要求すると述べた。

外務省は、モスクワ問題については議論していないと述べた。

ウラジオストクの太平洋艦隊の軍事史博物館のイェブゲニー・ジュラフレフ氏は、国際海事法のもと、巡洋艦はロシアに属すると述べた。

"戦争船は、それが入っている海域にかかわらず、それが旗を掲げる国の領土です。この状態は、沈んだ後も変化しません。新たに発見されたドミトリー・ドンスコイに乗っている作品は、ロシア側と合意する必要があります。

大統領は、日本との戦争で貴重な貨物を海上で輸送する危険性がないとし、大量の金を積んだという懐疑的意見を表明した。

「日本の艦隊との明らかな戦争は避けられませんでした。金のバッチをウラジオストクに配達する必要があった場合は、土地によってそれを行う方がはるかに安全でした」


(シン・ヒョンヒ、キムジョンミム、アレクセイ・チェルニシェフによる編集;ダレン・シューテトラー、ニール・フルック、マイケル・ペリーによる編集)

カテゴリー: サルベージ, 歴史, 歴史, 海底救助