沈没した日本の航空会社の発見

MTR22 10月 2019
加賀砲台(写真:Vulcan Inc)
加賀砲台(写真:Vulcan Inc)

ミッドウェイの戦いで失われた日本の空母は、R / Vペトレルの乗組員によって中部太平洋の表面から5,400メートル下で発見されました。

1941年に真珠湾を攻撃した航空機を発射した6艦隊の一部である日本海軍加賀は、USSノーチラスが発射した約30隻の潜水爆撃機と2隻の魚雷に攻撃された後、1942年6月4日に日本軍によって打ち切られました。船を生かそうとする努力の後、残りの乗組員は損傷が修復不可能であることに気付き、護衛駆逐艦ハギカゼは効果的にそれを撃退するために船で2隻の魚雷を発射しました。乗組員のうち、814人が戦闘の結果殺された。

加賀とともに、他の3隻の日本艦隊、赤城、S龍、およびry龍が戦闘中に沈没しました。

故マイクロソフトの共同創業者であるポールアレンの財産が所有するハイテク研究船R / V Petrelの乗組員は、パパハナウモクケア海洋国定公園内の500平方マイル以上の広大な地域を調査し、数週間かけて調査しました。 。

「このプロジェクトは、以前は数千平方海里をカバーする合計150海里以上離れたキャリアベースの関与の調査、分析、調査を必要としていたため、以前のミッションとは大きく異なります」とロバートクラフトディレクターバルカン社の海底作戦の「海底で何千マイルにもわたる不気味な証拠を残したのは、大規模な空母間の戦いでした。私たちが発見し、特定した各破片と各船で、私たちの意図は、歴史と、国のために究極の犠牲を仕え、支払った人々を称えることです。」

過去数年にわたり、R / V Petrelチームとその独自の技術は、第二次世界大戦に焦点を当てた歴史的な難破船の発見と文書化に専念してきました。

R / V Petrelチームが使用しているテクノロジーの詳細については、 こちらをご覧ください

カテゴリー: 事故, 事故, 歴史, 歴史, 海軍