オプティム、新しいツリー制御および介入システムを発表

ジョセフ・R・フォンセカ30 3月 2018

Notsedenに本社を置くNorwegianの企業Optime SubseaのCEO、Jan-Fredrik Carlsenは、Subsea Valley 2017で、海底石油ガス業界の介入と革命を革新することを約束しました。 1年後、Subsea Valley 2018で、OptimeのSubsea Controls and Intervention Light System(SCILS) が発表されました。

「われわれの意図は、破壊的であるために破壊的なものではなく、コスト削減技術を提供する業界の進歩を支えている」とCarlsen氏は語った。 「私たちはSCILSがこれを実証したと信じていますが、理由があると思われていた業界の領域を特定しましたが、それを特定し、解決して今すぐ実現しました。 SCILSは、海洋井戸アクセスに使用されるIWOCS(Intervention Workover and Completion System)に類似しているが、現在、3000メートルの深さの任意の種類の樹木で操作できるシステムはないが、今年はSCILSをSubsea Valleyカンファレンスに運ぶ際に実際に行われたピックアップトラックのベッドから文字通り動員されるほどの軽い」と語った。
SCILSの直径は1.8メートル、高さは2.2メートル、重さは3メートルトンです。伝統的なIWOCシステムには、20フィートのトップサイドコンテナと、大きなリールとアンブリリカルがあり、重量は約50メートルトンです。 SCILSの小型化は、トップサイドの臍帯よりもむしろOptimeの海底ポンプを使用して、水力発電の海底を移動させた結果です。
「従来のソリューションと比較すると、SCILSはオペレータに即座にコスト削減をもたらします。運用には2つのリソースが必要です。現在のシステムには6〜8が必要です。SCILSは、今日のシステムとは対照的に、1日で動員され、ソリューションは数週間かかる。
「現在、SCILSを稼働させており、あらゆるタイプの船舶からこのシステムを導入することができ、顧客基盤が現在のシステムに比べ大幅に増加していることを認識しています。 IWOCシステムの世界的なプロバイダーであるIWOCSの信頼できるプロバイダーであるサービスプロバイダー、システム開発者、オペレーターをサポートすることができます"
カテゴリー: エネルギー, ニュース, 技術, 技術(エネルギー), 水中工学, 海洋科学, 無人車両