ROVOPはM2海底のROV艦隊を買収する

22 10月 2018

遠隔操作の水中乗り物(ROV)オペレーターROVOPは、競技者M2 Subseaから28のROVシステムの全艦隊の購入を発表しました。

技術的な見直しの結果、19台のシステムがROVOP規格を満たし、艦隊に追加され、34台の油圧システムと17台の電気システムを含むROV艦隊を51台に増やしました。

残っている11人のROVは廃止されるか、売却される。

ROVOPのCEO Steven Gray氏は、「これらのROVシステムを艦隊に追加することにより、ROVOPは、機能とコスト効率に基づいて、適切なROVを持つ顧客をより適切にサポートすることができます。この増加した容量はROVOPがより広い地理的な範囲で顧客をサポートするのを許容します。

特にROVOPは、ラテンアメリカ、アフリカ、中東、アジアの展開能力を強化することを目標としています。艦隊は、船舶およびリグ市場に展開される予定です。

カテゴリー: 技術, 装置, 車のニュース