救世主調査グランドアメリカ大破

23 4月 2019
(写真:オーシャンインフィニティ)
(写真:オーシャンインフィニティ)

海底調査および海洋探査会社Ocean Infinityは、3月12日にビスケー湾に沈没したMV Grande Americaの難破船で緊急海底調査、検査および操業を行ったと語った。

Grande Americaは先月、ハンブルグからカサブランカへの航海中にコンテナと車両の貨物が発砲した後、 転覆して沈没した。

海洋サービスと海難救助会社のArdentとの契約を締結したOcean Infinityは、その残骸の位置を突き止めるために自律潜水艇(AUV)を配備しました。その後同社は、沈没したコンテナのロールオン/ロールオフ(ConRo)船の状態を判断するために、遠隔操作の水中車両(ROV)を使用して検査と操作のプログラムを実施しました。

任務はこの任務の前にジブラルタルにあったOcean Infinityの船Island Prideから行われました。

Ocean InfinityのCEO、Oliver Plunkett氏は、次のように述べています。「損失を受けて支援を求める声に答えて、Island Prideを迅速に展開できたことを嬉しく思います。約4,600メートルの深さで、私達のデータ収集技術は残骸の状態を評価するために使用され、そして私達が収集した高品質の画像はその後の介入を実行する際に私達のROVチームを導くのに極めて重要でした。

「資産の喪失、インフラの損傷、環境への影響の可能性があるかどうかにかかわらず、緊急対応は、Ocean Infinityの製品の重要な部分です。 3つの恒久的に動員された高性能船には、世界中に配備された最新の深海技術ツール一式がそれぞれ装備されており、世界の海の危機的状況に迅速に対応することができます。

カテゴリー: RoRo, サルベージ, 事故, 事故, 海底救助, 無人車両, 車のニュース