日本財団、世界の海洋脅威に対応

Greg Trauthwein著14 7月 2018

日本財団は、社会的イノベーションという単純な使命をもってグローバルに活動する慈善団体です。今日の活動は多くの活動と国境を越えていますが、1962年に設立されたその活動は、主に海運分野と海運分野に焦点を当てました。先月ヒューストンで開催された日本財団会長の笹川陽平氏は、世界の海洋における日本財団の活動に焦点を当てました。

(すべての画像の著作権と礼儀正しさ)

今日、日本財団にとって最も重要な活動について説明し、具体的には海洋の重要性について話し合ってください。
なぜ私は海が重要であると考えるのかという観点から、まず壮大な視点から話を始めましょう。日本財団を中心に、日本財団の活動は、主に世界的な人道援助と支援に関連しています。私たちは海洋に焦点を当てています。なぜなら、それは地球上の人間生活の持続可能性に直接関係しているからです。
今日私たちは素早く生きています。すべてが素早く動くため、人々は明日、あるいはおそらく10年後に最善を尽くすことに集中する傾向があります。しかし、海の健康と持続可能性について考えると、これは人間が今から5,000年後に人生を生きられるかどうかに直接関係しています。海が危機に瀕しているため、特に海洋漁業や世界各地のさまざまな問題が原因で、私たちの生活の中で覚えているより長い、長い質問です。
我々は海の底の地形について知っているよりも、1500万km離れた火星の地形についてもっと知っています。私たちは、海に関係する問題にも焦点を当てる必要があると感じています。

海洋ガバナンスを推進するための日本財団の活動の重要性はどうですか?
私が言及したように、グローバルな側面から見ると、海洋は将来の人間生活の持続可能性を決定するのに役立つものです。海全体を見ると、地球の70%は海に覆われていますが(大半は外洋です)、ガバナンスや管理の観点から、この海全体を包括的視点で監督するグローバルリーダーはいません海の
私は、持続可能性の観点から、私たちを取り巻くこの膨大な海に包括的な管理とガバナンスが導入されるような何らかの組織体系を持つ必要があると言いました。多くの人々が「持続可能な開発」と言いますが、これは通常10年から20年です。私たちは、海について話す場合に適用される必要があり、同時に、私たちを取り囲む海を救うために、この持続可能性の範囲がどれほど正確であるかを定義するために、より長い期間が必要であると感じています。私はこれの重要性を頻繁に宣言してきました。

海洋ガバナンスに関する日本財団の次のステップは何ですか?
人々を教育し、この海洋を(グローバルな視点から)管理するための専門知識を有するためには、人間の能力構築が不可欠であると感じています。過去30年間、140カ国から1,200人を訓練し、専門能力向上の立場から教育してきました。地形と水面測定のための測定などの科学的知識は不可欠です。同時に、海の議題に関連して海運(または港)を運営することができる教育を受けた人々が(これによって)作成されます。これらの専門家がいれば、世界中の海洋を監督する責任を負うために、これらの人々がより包括的なシステムや組織を構築するために、国境を越えた方法で協力することができると考えています。

OTCのヒューストンで日本財団はDeep StarとMOUを締結しました。このMOUの意義は何ですか?
実践的なレベルから始めて、それは日本では稀少な天然資源と関連しています。ご存知のように、我が国では、我が国の土地から頼りにできる石油や天然ガスはありませんが、最近では、希少金属やその他の資源が下にあるという新しい発見がなされました日本の群島を取り巻く海。同時に、我々はそれらのリソースを抽出する手段や技術を持っていません。これは、日本がこれらの資源を活用するためにできるだけ早く取得しなければならないものです。
日本は、ロボット工学や人工知能などの分野で、洗練された技術を持つことで有名です。ディープスターになると、現場での実践、実践の面でよく知られています。このような観点から、若い世代の若い世代は、ディープスターと一緒に、将来的に役立つ必要な能力を習得するために、さらに教育され訓練される機会を得ることができると感じています。ディープスターと協力することで、日本の群島を取り囲む海底からの石油や天然ガスに頼る安価で安全な方法が提供されるでしょう。

これは海洋の将来にどのように貢献していますか?
人命の長期的な未来は健康な海に依存します。私は、土地の石油や天然ガスが枯渇し始めると、海の下を見なければならないと思います。これを安全かつ低コストで行い、正確な方法でリソースを抽出する技術が必要です。したがって、健康な海を維持するために正確かつ安全に資源を抽出することが重要です。
私がジョンソン宇宙センターを訪問したとき、彼らは既に、この地球から1500万キロ離れた火星の地図である、非常に詳細な地形を既に持っていることに気付きました。しかし、私たちはまだ地球のために海底の水面図を持っていません。だから私たちは2030 *を目指す目標として、このプロジェクトを完成させて(この海底のチャートを作成する)、資源がどこにあるのかを特定し、同時に将来のさらなる探査の潜在力を助けることができますより効果的で安全な方法で人々の生活のために必要な資源。これらは私たちが生きている地球について知る必要があるものです。 (* Seabed 2030は、2030年までに世界の海底の最終的な地図を作成するために利用可能な海底地形データをまとめて、すべてに利用可能にすることを目指して、日本財団とGEBCOとの共同プロジェクトです。

もう1つの質問。今日、海に脅かされているすべての脅威を見ると、目立つものがありますか?
海で何が起こっているのかについては、特定の脅威の1つだけを挙げるのは非常に難しいです。したがって、私は海の下での生活を危険にさらす多くの脅威があると言います。私は人生で世界125カ国を訪れましたが、海の問題については先進国からの問題だけでなく、その脅威に貢献する多くの開発途上国があり、同じように。
あなたが言及したプラスチック、PVCs - ビニール - は海に流れ込み、海に住んでいる多くの人が食べています。最近、海から4000メートル下に生息するエビについて、これらのエビの胃の中に発見されたプラスチックの小さな粒子とともに、いくつかのプラスチックを食べるというニュースがありました。これらの小さな命がプラスチックで汚染されている場合、生態系の連鎖を考えると、これらのエビを食べると大きな魚も危険にさらされます。これは、海の下の魚群の生態系全体に大きな影響を与えています。
もう一つの脅威は、すでに始まって海の生命に影響を与えている水の酸性化です。また、地球温暖化が魚の群れの移動に影響を与え、海の下での生活に頼っている人々の生活に影響を与えることがわかります。
だから、一緒に考えてみると、海から魚の命を失うと、地球上の多くの人々が実際にこれらの魚をその主食として食べているので、人々は彼らの生計を維持することができません。そういう意味で、私たちは、海に広まっているこれらの生態系を維持し維持することが急務であると感じています。
世界人口の増加、海洋の過剰漁獲、気候変動はすべて海の生活に大きく影響しています。だから私は人々が今海洋を保護しなければならない時代が来たと思います。


Maritime Reporter&Engineering Newsの 2018年6月版に掲載されているように)



カテゴリー: エネルギー, オフショア, オフショアエネルギー, 技術, 政府の更新, 政府の更新, 環境